嫁 姑 離婚

シングルマザーによる離婚講座

離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。

嫁姑問題で離婚を考えている方が知っておきたい3つのこと


婚姻後、嫁姑との関係が問題になることがあります。

 

俗にいう「嫁姑問題」です。

 

特に姑と同居している場合、トラブルになるケースは多くあります。

 

それがこじてしまい、最終的には離婚を考える方もいるでしょう。

 

そこで今回は、嫁姑問題と離婚をテーマに取り上げたいと思います。

 

主には嫁姑問題が理由で離婚は可能なのか、姑に対して慰謝料を請求する事が可能なのかについて取り上げます。

 

嫁姑問題で悩んでいる方は、いちど目を通して頂ければと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

嫁姑問題の具体例

「嫁姑問題」とは、嫁と姑の間に生じる問題を意味します。

 

どの様な内容の問題かについては、大まかに分けると次の2つのケースとなります。

 

  • 姑から嫁に対しての暴言や苛めなど嫌がらせ行為
  • 姑が夫(息子)や育児についてあれこれ口を挟む

 

具体的な例をいくつか挙げると、次の様な言動などが該当します

 

「あなたのご両親がダメだから、あなた自身もきちんとした常識がないわね」

 

「あなたの料理は全て味が濃い。センスがない」

 

「そんな接し方をしているから、子供がわがままを言うのよ」

 

「息子の帰宅が遅いのは、あなたが至らないから居心地が悪いのよ」

 

「今日の晩御飯は、あなたは昨日の残り物だけを食べていなさい」・・・などなど

 

 

嫁姑問題から離婚問題へ発展する典型パターン

この様な姑から妻に対しての言動が、常日頃から行われることで、家の中の環境や人間関係が徐々に壊れていきます。

 

加えて、単純に「姑が許せない」のみではなく、

 

とりわけ夫がこの問題に無関心で、嫁姑問題を解決しようとしない時は、最終的に離婚となることも。

 

これが、嫁姑問題が離婚問題へ発展する典型的なパターンと言えます。

 

 

 

嫁姑問題で離婚はできるのか

「嫁姑問題」がこじれてしまった結果、妻が「あなたの親と一緒に暮すのはもう我慢できない、離婚したい!!」

 

この様な嫁姑問題が原因でも離婚はできるのでしょうか?

 

協議離婚や調停離婚の場では、夫と妻双方が離婚することに「合意」さえできれば、どんな理由であれ離婚は可能です。

 

しかし、協議離婚、調停離婚が成立しない場合は、裁判を起こして離婚を求めることになります。

 

裁判で離婚が認められる為には、法定上の「離婚原因」が必要です。

 

そこで、嫁姑問題が「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)に該当するかがポイントとなってきます。

 

具体的には「夫婦の両親との不和によって、夫婦関係が修復できないまでに破綻している」場合に離婚が認められます。

 

 

単に不仲だと離婚は認められない

離婚裁判の場合、夫婦の意思とは関係無しで、裁判所が強制的に離婚を決定します。

 

よって「姑がいつも文句を言ってくる」「性格が合わない」など、単純に嫁姑間が不仲だという理由では離婚を認められません。

 

もとより姑の問題は、夫婦以外の第三者との間の問題である為、それ自体は、離婚事由にはなりません。

 

その為、原則として、離婚裁判で離婚を認めてもらうことは難しいです。

 

 

夫の対応はどうなのか

裁判で離婚が認められる為には「夫の対応」がどうであったか?が重要となります。

 

嫁姑問題は家庭の問題であり、夫は嫁と姑の間に入って仲裁する責任があります。

 

ですから、夫は嫁いびりなどを行う自分の母親に対し「もう少し優しく接してやれないのか」と忠告する。

 

また嫁に対しては「申し訳ない、あんな母親だからいつも苦労させてばかりで」といったフォローをしている。

 

この様な夫の仲裁やフォローがあるなら、妻が姑との関係を理由に離婚を求めても、離婚は認められにくいでしょう。

 

反対に、妻が夫に姑のことで相談しても全く取り合わず、むしろ母親の方の肩を持ってしまう場合もあります。

 

この様な夫の対応は、夫婦の平穏な家庭環境を維持させる為の協力義務を怠っている為、妻は夫に対して強い不信感が出てきます。

 

そのことが原因で、夫と妻との間に婚姻を継続していけない大きな問題となり、離婚事由となることがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

離婚が認められた事例

ここで離婚請求が認められた3つの事例を紹介します。

 

名古屋地裁一宮支部判決(昭53年5月26日)

一緒に暮らす姑が嫁に対して

 

「あんたは太っていて大丈夫と思ったが豚肥で取り柄がない」

「嫁は食べろと言われても遠慮するもんだ」

 

また嫁の両親に対しても

 

「茶碗は悪し、地味な女で新婚らしくない、相返答も出来ない、何一つとして取り得の無い出来の悪い嫁だ。」

 

「何をやらせても遅い」

 

などと再三にわたって悪く罵倒し、干渉し、夫もこれを抑制するどころか、母に同調。

 

挙句の果て、嫁の両親を呼びつけて親族ともども一方的に非難していた。

 

嫁は実家に戻り、最終的に夫婦の双方から離婚裁判を提起。

 

裁判所は、夫と姑のこの所為は婚姻を継続しがたい重大な事由にあたるとし、離婚を認めました。

 

 

名古屋地裁岡崎支部判決(昭43年1月29日)

夫の両親と妻とが不和となり、婚姻から約半年で夫婦が別居し、妻が離婚を請求した事例。

 

婚姻関係が円満ではなくなった原因は、夫の両親と妻との不和であるが、夫はその不和について無関心、かつ家庭内の円満を取り戻す努力をしなかった。

 

そればかりか、婚姻関係を維持する意思さえもないと認められるため、婚姻関係を継続し難い重大な事由があたるとし、離婚を認めました。

 

 

盛岡地裁遠野支部判決(昭52年1月29日)

一緒に暮らす夫の両親が妻に対して

 

「ご飯を食べるときの口の開け方が悪い」

「箸の持ち方が悪い」

「掃除の仕方が悪い」

 

などと言ったり、清掃中に雑巾を投げつけられるといった、徹底的な嫁いびりを日々受けていた。

 

そこで妻が夫に相談したものの、夫は無関心で何もしないことから、その後夫婦は別居し、妻から離婚を請求。

 

裁判所は、婚姻を継続し難い重大な事由があたるとし、離婚を認めました。

 

この3つの事例に共通して言えることは、やはり、夫が積極的に家庭内の円満を取り戻すように努力する態度が見られない点です。

 

 

離婚が認められなかった事例

次に、離婚請求が認めれらなかった事例についても2つ紹介します。

 

名古屋高裁判決(平20年4月8日)

姑の嫁いびりによって妻がうつ病となり、夫と別居状態となった為、夫が離婚を請求した事例。

 

特筆すべきは次の2点。

 

別居前、妻は夫に関しては、大きな不満はなく円満な夫婦関係であったこと。

 

妻は夫婦関係の修復に強い意欲を持ち、うつ病の治療を続けていること。

 

裁判所は、妻のうつ病が治癒し、またはうつ病につき夫の理解が深まれば、婚姻関係の改善も期待できる。

 

そのことから、婚姻関係は破綻していないと判断し、離婚を認めませんでした。

 

 

東京高裁判決(平元年5月11日)

姑の嫁いびり、嫁を追い出すなどの言動に夫が加担し、その後に夫が離婚請求した事例。

 

裁判所は、姑の嫁いびりに加担した夫は「有責配偶者」にあたるとしました。

 

有責配偶者とは、自分から婚姻関係を破綻させ離婚原因を作った側の配偶者のことをいいます。

 

加えて、夫婦間には未成熟子もいることから、離婚させた後の妻の生活は、現在より過酷になることが十分に予測できる。

 

このことから、夫から妻に対する離婚請求は許されるべきでないとして、夫からの離婚請求を認めませんでした。

 

この2つの事例に共通して言えることは、夫の方から離婚請求をしたという点です。

 

 

 

嫁から姑への慰謝料請求はできるのか?

最後に嫁から姑への慰謝料が認められるか否かについてです。

 

姑への慰謝料請求は、極端な場合じゃないと認められない傾向です。

 

というのも、離婚となった原因が嫁姑問題だとしても、離婚は夫婦間の問題です。

 

ですから、嫁いびりを理由に慰謝料請求をするには、余程の理由が必要です。

 

例えば、次のような理由であれば慰謝料が認められる可能性があります。

 

  • 妻の衣類を実家に送りつけて「出ていけ」と追い出した。
  • 妻を全否定し続け人格を蹂躙する行為。

 

このことから、一般的な嫁いびりなどで慰謝料をとるのは難しいといえます。

 

なお、先ほど「離婚が認められた事例」の欄でお伝えした名古屋地裁一宮支部判決(昭53年5月26日)については、

 

夫と母の両名は、嫁に対するいびりにより、夫婦共同生活を破壊に導いたものとし不法行為の責任を免れないと判断。

 

その結果、慰謝料「200万円」の支払いを命じました。

 

 

「嫁姑問題で離婚を考えている方が知っておきたい3つのこと」まとめ

今回は、嫁姑問題と離婚をテーマに取り上げました。

 

嫁姑問題が原因で離婚を求めるなら、夫婦間での協議または離婚調停の段階で合意を取り付けることです。

 

裁判になると、嫁姑問題を理由に離婚を認めてもらうのは、ハードルが高く、難しいと言わざるを得ません。

 

ただし、夫が嫁姑問題に無関心な対応を取っているのなら、離婚できる可能性はあります。

 

そのことの判断は難しいと思うので、離婚を得意とする弁護士などの専門家に相談するのが一番です。

 

 

------------------------------------------

 

私は夫の不倫が原因で離婚し、今は離婚を専門に扱う法務事務所に勤めながら、子供と一緒に平穏無事に幸せな毎日を過ごしています。

 

離婚する前は本当に精神的に辛く大変でした。

 

私は婚姻中パートしかしておらず、社会経験があまり無かったので、離婚後の生活に対して不安だらけでしたし、もちろん離婚の知識なんて全くありませんでした。

 

そんな私でも、経済的には決して裕福ではありませんが、充実した日々を送っています。今に至る経緯を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

 

離婚を成功させる為に必要なのは?

 

 

 

 

離婚問題に強い弁護士を無料で見つける方法

あなたは弁護士を通して、離婚や養育費、慰謝料の請求を考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 離婚問題に強い弁護士に相談したい
  • 慰謝料もしっかり請求したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 女性の弁護士と相談したい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジのボタンから一度ご確認ください。↓

 

 



スポンサーリンク


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
離婚講座最新記事
ブログ内検索