浮気相手 慰謝料

シングルマザーによる離婚講座

離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。

これが、浮気相手へ慰謝料を請求する手順となります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


不倫現場のイメージ画像

夫に浮気をされてしまった・・・

 

浮気の責任は、夫だけではなく、浮気相手にも当然あるので、慰謝料を請求したい。o(`Д´*)o

 

でも、どうやって請求をしていいか分からない。

 

または、浮気相手に慰謝料の請求ができるのか分からない。

 

このような悩みを持っている方はいるかと思います。(*´Д`)

 

ということで、今回は浮気相手の慰謝料請求について取り上げますよ。

 

詳しくは、浮気相手に慰謝料請求が出来る条件や、慰謝料の請求方法について書いています。

 

浮気相手に慰謝料請求をお考えの方は、是非参考にして下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

夫の不倫相手に慰謝料請求したい!

離婚に至る原因を作った者が配偶者だけではなく、配偶者以外の第三者が関与して夫婦関係を破綻させた場合、慰謝料を第三者に対しても請求できる場合があります。

 

第三者に対しての慰謝料請求の代表例は、夫や妻の浮気相手に対して行うケースです。

 

 

浮気相手に慰謝料請求ができる条件とは?

夫や妻の浮気相手に慰謝料を請求するには、以下の2つの条件が必要となってきます。

 

 

浮気相手に故意または過失がある

浮気相手が夫(または妻)を既婚者と知りながら(故意に)、肉体関係を持った場合です。

 

肉体関係が伴わないデートや、キスだけの関係の場合は、原則的に慰謝料請求をすることはできません。

 

また、不倫相手が夫(または妻)を既婚者と知らなかったとしても、そのことに過失がある場合は、慰謝料を請求することが出来ます。

 

なお、最近ですが、肉体関係がなくても慰謝料請求が可能という裁判例がでました。

 

これは、あくまで例外で、基本的に肉体関係があることが必要です。

 

 

 

過失がある」とはどんな状況?

過失とは「夫(または妻)に配偶者がいることを注意すれば、知ることができた」状態のことをいいます。

 

例えば、夫(または妻)が「自分を独身者」と言っている。

 

しかし、その者の指にはいつも結婚指輪がはめられている。

 

このような状態であれば、注意して見ればすぐに既婚者だと分かるのに、確認を怠って不倫関係になった場合は過失があるといえます。

 

また、浮気相手が当初は独身者だと過失なく信じていたが、その後に既婚者だと知った後もなお、不倫関係を続けている。

 

この場合は、慰謝料の請求は可能です。

 

 

夫婦関係が破たん後の不倫関係ではないこと

夫婦関係の破たん後に不倫関係が始まったのなら、不倫相手の存在が離婚原因ではないので、慰謝料の請求は原則できません。

 

夫婦関係の破たんとは、「第三者から見ても婚姻生活が破たんしていて、元通りに修復する見込みも無くなった場合」のことをいいます。

 

たとえば、夫婦仲が悪くなり別居をしたが、その間、何の連絡も取り合わずに15年が経った。

 

この場合は、夫婦関係が破たんしていると判断される可能性は、高いといえます。

 

 

離婚をしてなくても慰謝料請求は可能

不倫相手への慰謝料請求は、何も離婚をしなくても、「浮気相手に故意または、過失がある」と「夫婦関係が破たん後の不倫関係ではないこと」の要件を満たせば可能です。

 

ただし、慰謝料額は離婚する場合と比べ、低くなる傾向にあります。

 

 

 

浮気相手への慰謝料請求の仕方

まずは、当事者同士の話合いで、慰謝料額や支払い方法について決めます。

 

不倫相手が話合いに応じない、不倫関係の否定や、慰謝料の支払いの拒否をしてくる場合は「内容証明」により慰謝料を請求します。

 

内容証明は、誰が・いつ・どんな内容の郵便を誰に出したかを郵便局が証明してくれる特殊な郵便です。

 

通常の手紙ではなく、あえて内容証明を送付することで、相手に対して、強い意思・真剣な態度を伝えることが出来ます。

 

それと共に、心理的な圧迫(プレッシャー)を与えることができ、慰謝料の支払いに応じることがあります。

 

文面の一部の例としては

 

「慰謝料の支払いに応じなければ、○○地方裁判所に対し、慰謝料請求事件として訴訟を提起する手段をとります」

 

などのプレッシャーを与えさせる文面を入れることで、浮気相手から慰謝料の支払いを認めさせるようにします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

慰謝料請求を成功させたいなら、内容証明の作成は専門家へ

内容証明は法律家でないと作成できない訳ではなく、一般の方でも可能です。

 

書店で離婚関連や内容証明の本を購入すれば、浮気相手の慰謝料請求のサンプルが載っている本もあります。

 

またはインターネット上でも、サンプルを見つけることができます。

 

それらを見れば、内容証明の文面自体は作れるでしょう。

 

しかし、それらのサンプルは、簡単で一般的な文章ですので、それが請求者の実情に合うかはわかりません。

 

 

内容証明を送れば、すぐに慰謝料を払ってもらえる!?

それに内容証明を送れば、すぐに浮気相手が「申し訳なかったです。慰謝料を支払います」なんて展開になることはかなり稀です。

 

ほとんどの浮気相手の反応は、事実を否定したり、積極的に誘ってきた方が悪い、など色んな主張し、不倫事実や責任を認めません。

 

浮気相手に責任を認めさすには、浮気相手の主張は責任を免れることができないことを、辛抱強く説き伏せる必要があります。

 

このように、相手に責任を認めさせるようにもっていく文面のサンプルは、本にもネットのどこにも載っていません。

 

また内容証明を送り、浮気相手が慰謝料の支払いに応じた場合、示談書を作成する必要があります。

 

示談書についても、少数ですが離婚関連の本やネット上で、サンプルはあるので自分で作成は可能です。

 

しかし、法律に詳しくない一般の方が、その状況に合わせた、適切な示談書をミスなく作成するのは難しいでしょう。

 

以上のことから、一般の方が慰謝料請求をすることは、非常に難しく、失敗に終わる可能性は非常に高いといえます。

 

ですので、浮気相手への慰謝料請求を成功させたいなら、費用はかかりますが、やはり弁護士などの専門家に依頼するべきですよ。

 

 

内容証明を送っても相手が応じない場合

内容証明を送っても相手が応じない場合は、家庭裁判所に慰謝料請求の民事調停を申し立てる。

 

または、調停をせずに直接に訴訟を提起することも可能です。

 

なお、慰謝料の請求額が140万円以下の場合は、簡易裁判所に提訴。

 

140万円を超える場合は地方裁判所に提訴することになります。

 

 

 

「これが、浮気相手へ慰謝料を請求する手順となります」まとめ

今回は、浮気相手の慰謝料請求について取り上げました。

 

浮気相手にキッチリ責任を取らせたい方は、今回の記事を参考に慰謝料を請求して頂ければ思います。

 

繰り返しになりますが、慰謝料の請求は一般の方がやると失敗に終わる可能性が高いです。

 

失敗に終わることで、配偶者に浮気されたストレスの上に、更なるストレスを重ねることになりますよ。ヾ(≧血≦;)ノ

 

そうならない為には、専門家に依頼されることお勧めいたします。

 

なお、不倫相手に対しての慰謝料請求については、不倫慰謝料請求の専門のホームページ「不倫慰謝料請求講座」の方も参考にして下さい。



スポンサーリンク


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
離婚講座最新記事
タグクラウド
ブログ内検索
不倫相手に慰謝料請求をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
人気記事(30日間集計)