離婚手続き

シングルマザーによる離婚講座

離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。

ご紹介、理想かつ養育費問題に強い弁護士を無料で探してくれる案内所

離婚時とは事情が変わり、経済状況が非常に厳しくなり、当時取り決めた養育費の金額を支払うのが困難となった。

 

現在の収入では、養育費を払うと赤字になり、それを補う為に僅かな貯金を崩して生活しているが、このままではいずれその貯金も尽きる。

 

そこで養育費の減額をお願いしたが、相手は一切の減額を認めようとしない・・・

 

相手に真摯に減額をお願いしても駄目な場合は、弁護士などの専門家を通じ、減額請求することになります。

 

その自分が抱える養育費の問題の悩みを、弁護士に相談したいと思った時、次の様な希望等が出てくるのではないでしょうか?

 

  • 養育費問題に強い弁護士に相談したい
  • 問題の早期解決させたい
  • こちらの話をよく聞いてくれる弁護士が良い
  • 夜間・土日も相談に応じてくれる事務所が良い
  • 若すぎ、年配の弁護士は避けたい・・・などなど

 

あなたの今後の生活に直結する弁護士選びは慎重にしないといけないので、その様な考え等を持つことは本当に正しいことです。

 

特に「養育費の問題に強い弁護士に相談」することは、無事に問題を解決出来るか否かに繋がるので、本当に大切です。

 

 

 

相談する弁護士選びで結果は大きく変わる

しかし仕事等が忙しくて時間が無い為、自分の希望する弁護士を探すのは難しいという方もいるでしょう。

 

どうにか探す時間が取れたとしても、自分の希望に合う弁護士を探す為には問合せをしなければなりません。

 

でも法律事務所などの士業系の事務所は、どうしても敷居を高く感じてしまうのではないでしょうか?

 

その為、問合せすること自体に緊張したり、自分の細かな希望を伝えることに躊躇してしまうことがあります。

 

自分の細かな希望を伝えられず、その場の流れに合わせて何となく弁護士を選んでしまうと、あなたの養育費減額請求は失敗します。

 

自分の希望に沿わない結果となるのですから当然ですね。

 

加えて、弁護士選びの際にやってしまいがちな大きなミス。

 

それは、養育費に関する法律の知識だけはあるが、実務経験が乏しい弁護士に依頼してしまうことです。

 

これから裁判をするなら法律や証拠が全てなので、実務経験が乏しい弁護士でも対応できるかもしれません。

 

しかし示談交渉の段階で、問題解決をする為には、相手の同意を引き出すことが絶対です。

 

減額請求を受ける側も生活がありますし、それに離婚相手の言う事を素直に受け入れない為反発します。

 

ですので、法律の知識で全てが解決できるほど単純ではありません。

 

解決には、養育費の問題に対する数々の経験則も求められるのです。

 

ですから、法律の知識しか持ち合わせていない弁護士にサポートを依頼しても、上手く解決できるわけがありません。

 

 

経験則が乏しい弁護士に相談することの弊害

その結果、示談での解決できず、もはや裁判手続きをしないと、養育費の減額は望めない状況となるのです。

 

裁判は解決までに多くの時間が必要となってきますので、その間も現状額の養育費を払い続けないといけません。

 

加えて裁判となると、更なる弁護士費用が掛かることになります。

 

この様な状況になれば、次の様な最悪な事態となる可能性も十分考えられます。

 

■無理な養育費や多額の訴訟費用を払う為に、食べるのがやっとの暮らしを強いられる。

 

■無理な養育費や多額の訴訟費用を払う為に、両親はもちろん、親戚中に「お金を貸してほしい」とお願いして回った。

 

その結果、信頼を大きく落とし、それ以降親戚との付き合いを拒否された。

 

■無理な養育費や多額の訴訟費用を払う為に、サラ金で借金し、それで凌いできたが、借金はまたたく間に膨らんだ。

 

借金の総額は1600万円となり、自己破産しなければならなくなった。

 

■いつ終わるか分からない養育費の問題に、深く悩み続けたことでうつ病などの病気を患ってしまう。

 

この様に、弁護士選びに失敗することで、経済的・精神的に非常に辛い思いをすることにもなりかねません。

 

 

 

養育費問題に強い弁護士を見つけるには

この様な最悪な事態とならない為にも、相談する弁護士は、やはり養育費や離婚問題に強い人物でないといけません。

 

しかし先ほどお伝えした通り、自分自身でその様な弁護士を見つけることは簡単ではありません。

 

「今の時代、ネットで簡単に調べられるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、弁護士などのホームページなどに書かれている「養育費の減額ならおまかせ」なんてものは信用できません。

 

それを信用して相談したところ、養育費について色々調べていた相談者の方が、養育費の事をよく分かっていたなんてことも・・・

 

それではどうすればいいのか?

 

そこでお勧めしたいしたいのが、日本法規情報株式会社が提供している「弁護士などの専門家と相談者のマッチングサービス」です。

 

どの様なサービスかというと、自身が希望する内容の専門家を「無料」で探してくれるというものです。

 

主な特徴は次の通りです。

① 選りすぐりした全国1000事務所3000人以上の弁護士をはじめとする離婚の専門家の中から、希望条件に合った専門家の紹介を無料で受けることが出来ます。
② 「女性の先生に相談したい」、「土日や夜間に相談したい」「ベテランの弁護士に相談したい」などの細かな希望条件にももちろん対応。
③ 無料案内を行う会社は弁護士等の専門家と相談者のマッチング業務を10年以上手掛けているので実績豊富、フジサンケイビジネスアイ等にも紹介される。
④ 「専門家にとりあえず相談だけしたい」でもご利用頂けます。

 

あなたの希望を聞く案内所の相談員は、敷居を高く感じる法律家ではなく、一般企業のスタッフです。

 

ですので、遠慮なく気軽に話ができますので、より細かな希望を伝えることが出来ます。

 

実際に紹介を受けて相談したからといって、必ず依頼する必要はなく、相談だけを希望することもできますよ。

 

あなたが相談し、サポートを依頼する弁護士により、今後の人生が大きく影響されます。

 

ですので、相談する弁護士選びには、一切の妥協をする訳にはいきません。

 

このサービスを利用すれば、「夜間対応の事務所や40代の弁護士に相談したい」等の細やかな希望に沿うことはもちろん。

 

最も重要である“真”に養育費の問題を得意とする弁護士の紹介を受けられます。

 

専門家と相談者のマッチングサービスを、10年以上手掛けているからこそ、本当に養育費問題に強い弁護士を知っているのです。

 

その弁護士に相談し、サポートを依頼すれば、養育費の減額請求で取り返しのつかないような失敗を防ぐことが出来ます。

 

そして悩まされ続けた養育費の問題を無事に解決でき、新たなスタートを切ることができるのです。

 

養育費減額請求が強いなど、自分の理想とする弁護士を自身で探すのは難しいと思う方は、この無料案内サービスを利用する事をお勧めします。

 

詳細は下のオレンジ色のバナーをクリックしてご覧ください。

 

※リンク先のコンテンツの見出しが「離婚・調停」と書かれていますが、離婚後の養育費問題の相談先についても、こちらで紹介を受けられます。

 

 

 

 



スポンサーリンク


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい
離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。 ⇒管理人の自己紹介
カテゴリー
離婚講座最新記事
ブログ内検索