離婚協議 協議離婚 

シングルマザーによる離婚講座

離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。

離婚協議を始めるに前にあなたが知っておくべき4つのこと

夫婦が離婚協議しているイメージ画像

離婚する方のほとんどが夫婦で離婚協議をする方法、つまり協議離婚の方法をとります。

 

しかし協議離婚が、どのようなメリットやデメリット、またはリスクがあるかを知っている方はそう多くはありません。n(ー_ー?)ン?

 

ですので、今回はその協議離婚について詳しく取り上げます。

 

この記事をご覧頂くことで、協議離婚でやるべきこと、やってはいけないことが分かります。

 

そのことが分かっていれば、「協議離婚で“取り返しのつかない失敗」をすることはありませんよ。

 

離婚協議を開始しようと思っている方は、是非参考にして下さいね。(o≧▽゚)o

 

 

スポンサーリンク

 

協議離婚とは?

「協議離婚」とは、調停・訴訟などの家庭裁判所による手続きによらないで、夫婦間の離婚協議で合意する離婚方法です。

 

離婚した夫婦の「90%以上」が協議離婚の方法で離婚しており、一般的な離婚方法といえます。

 

 

協議離婚が成立する要件
  • 離婚することについて夫婦双方の合意
  • 離婚届に必要事項を記載し、役所に提出して受理されること

 

 

協議離婚のポイント

手続きは簡単ですが、離婚に伴う養育費や財産分与などの取決めを曖昧に決めてしまい、トラブルに発展するケースが数多くあります。

 

トラブルを回避するにはお互いの権利や義務をしっかり確認し、取決めをすることです。

 

そして、取り決めたことを決して口約束のままにせず、必ず書面に残すことが重要です。

 

 

 

協議離婚のメリットとデメリットを知ろう

 

【協議離婚のメリット】

  • 成立要件が双方の意思と届出だけなので簡単
  • 調停や裁判とは違い、時間がかからない
  • 家庭裁判所の関与が不要
  • 夫婦が合意する限り、離婚理由は何でも構わない
  • 費用がかからない
  • 養育費や慰謝料などを裁判所で決めるのと違い、合意がある限り相場に捕らわれず自由に決められる。

 

 

【協議離婚のデメリット】

  • 離婚条件を決める際に、感情的になり揉めるケースが多い。
  • 養育費や財産分与の取決めが破られること多い。
  • 知らないうちに離婚届が出されてしまう恐れがある。
  • 離婚を成立させたいが為に、養育費などの取決めをせずに離婚を成立させてしまうことで、後でお金に困るケースがある

 

 

 

離婚協議の進め方

 

① まずは離婚することに夫婦が合意する

養育費や財産分与などの離婚条件を最優先に考える方が多いのです。

 

しかし、相手に離婚について合意してもらうことが先決です。

 

自分は離婚する気が満々でも、相手は一瞬たりとも離婚を考えたことがないかもしれません。

 

そのような相手から離婚の合意をもらうのは容易でないです・・・。

 

 

② 夫婦で離婚に伴う取決めについて話し合う

離婚することに合意出来たのなら、子供の親権や養育費、財産分与などの離婚に伴う取決めについて話合いを行います。

 

離婚することが決定している以上、感情論は不要です。

 

感情的になって話しても言い争いになるだけで、何もプラスになることはなく、話がややこしくなりこじれるだけです。

 

余計な話はせず、親権や養育費などの話だけに集中することが早く話合いを終わらすポイントです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

離婚に伴う取決めをする事項

離婚に伴う取り決めは、主には子供のことと、お金についてのことの話し合いを行います。

 

それでは一般的な取決め事項を取り上げていきます。

 

 

【子供のことに関する取決め事項】

    • 親権について

未成年の子供がいる場合、夫婦どちらかが子供の親権者になるか決め、離婚届に明記しなければ受理されません。

 

なお、親権についての詳細は「裁判所が親権者として求める5つのことをお教えします」をご覧ください。

 

 

    • 面会交流について

子供と離れて暮らす側の親には、子供と会う権利があります。

 

いつどこで、どのくらいのペースで子供に会うのかといった面会方法や内容を取り決めします。

 

なお、面会交流についての詳細は「面会交流の取り決めをする上で、必ず押さえておきたいポイント」をご覧ください。

 

 

    • 養育費について

どちらがいくら支払うのか決めます。

 

月払いにするのか、年払いにするのか、どの通帳に振り込むか、などのことを取り決めます。

 

なお、養育費について詳細は「養育費の相場と養育費不払いを防ぐ最善の方法を知っていますか?」をご覧ください。

 

 

 

【お金に関する取決め事項】

    • 財産分与について

離婚に際して、夫婦が築いてきた財産を、どのように分配するかを取り決めます。

 

慰謝料と違って離婚原因とは分けて考えられ、仮に不貞行為等を行っていても財産分与を受ける権利があります。

 

なお、財産分与について詳細は「離婚時の財産分与の全容とガッチリ確保する方法をお教えします」をご覧ください。

 

 

    • 慰謝料について

夫婦の一方に有責性がある場合は、もう一方側はその有責者に慰謝料を請求することができます。

 

有責性のある行為とは、不倫をする、暴力を振るう行為をいいます。

 

なお、慰謝料についての詳細は「離婚の慰謝料の相場と相場以上の額を獲得する為に知っておくべきこと」をご覧ください。

 

 

③ 取決めがまとまれば書面に残す

夫婦の話合いで決まったことを離婚協議書などの書面に残します。

 

口約束だけで終わらすのは、証拠が無く何も決めていないのと一緒ですので、絶対に避けましょう。

 

そして、養育費や慰謝料などのお金の取決めは、「離婚公正証書」にしておくことが一番安心です。

 

離婚公正証書の詳細については「離婚協議書を公正証書にすることで効力は絶大となります」をご覧ください。

 

 

離婚協議が決裂した場合

夫婦で離婚協議をしてきたが、折り合いがつかずに決裂した場合は、問題解決の場は家庭裁判所で行う離婚調停となります。

 

なお、離婚調停に関する記事は「 もし協議離婚が決裂したなら、調停離婚を目指すことになります」をご覧ください。

 

 

④ 離婚届を役場に提出する

離婚届を提出した後に離婚公正証書などを作成することは避けましょう。

 

離婚届を提出した後では、養育費などを払う側は書面に残すことを嫌がり、作成を拒否する恐れがあるからです。

 

必ず離婚届を出す前に離婚公正証書などの書類を作成しましょう。

 

 

一方的な離婚届の提出を避けるためには

一方的に離婚届を提出される恐れがある方は、勝手な離婚を成立させない為にも対策をしておく必要がありますよ。

 

一番確実な方法として、「不受理申出」の手続きを行うことです。

 

そうすることで、相手が勝手に離婚届を提出しても受理されることはありません。

 

不受理申出についての詳細は「もし離婚届を勝手に出されそうなら、不受理申出で対策してください」をご覧ください。

 

 

 

「離婚協議を開始する前にあなたが知っておくべき6つのこと」まとめ

最後にもう一度、離婚協議のポイントをまとめておきます。

 

  • まずは相手の離婚同意を得ること
  • 離婚協議中に感情論は不要である
  • 離婚の取決めを曖昧にしない
  • 離婚条件などの取決めは口約束にせず書面に残す。
  • 養育費などの金銭の取決めは離婚公正証書に残す。
  • 離婚届は離婚公正証書などの書類を作成後に出す。

 

協議離婚で取り返しのつかない失敗しない為には、上記のことは最低限守って下さいね。

 

 

 

離婚問題に強い弁護士を無料で見つける方法

あなたは弁護士を通して、離婚や養育費、慰謝料の請求を考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
  • 離婚問題に強い弁護士に相談したい
  • 出来るだけ有利な条件で離婚したい
  • 解決実績が多数ある弁護士に相談したい
  • 女性の弁護士と相談したい・・・などなど

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

あなたの理想かつ離婚に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下の赤いボタンから一度ご覧ください。

 

 



スポンサーリンク


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

タグ : 

3つの離婚方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る