夫婦関係うまくいかない 修復する方法

シングルマザーによる離婚講座

離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、離婚に関する役立つ知識を発信します。

これが、夫婦関係を修復させる方法となります

このページを見ているあなたは、

 

「夫婦生活が冷え切っていて、このままいけば離婚してしまうことになる・・・」

 

「実際に離婚の話が出ているが、どうにかしたい」

 

「夫が不倫をしていたが、離婚せずにこのまま婚姻関係を続けることは可能だろうか・・・」

 

など、今の良くない夫婦関係を何とか修復したいという思いから、ご覧を頂いていると思います。

 

「夫婦関係を何とかしたい」という、その気持ちは本当に正しいことだと思います。

 

私は夫の不倫が原因で離婚したのですが、今思えば夫が不倫した原因の責任は私にもあったと思います。

 

当時は子供が小さいこともあり、子供ばかりに手を取られ、夫のことが疎かになってしまっていました。

 

でも、あのときは裏切られた思いが強く、私は夫を追及してばかりで、私は夫婦関係の修復の努力を全くしなかったのです。

 

私の方から夫婦関係を修復する努力をしていたのなら、離婚せずにすんだのでは?もう少し上手くやれたのではないか?

 

この様な後悔が残っています。

 

ですので、あなたが夫婦関係を修復する方法を見つけようとしていることは、決して間違いではありません。

 

 

夫婦関係を修復させる為のポイントとは?

現在私は、法律面もカバーできる離婚カウンセラーの開業を目指し、日々勉強しています。

 

離婚カウンセラーは、離婚に向けてのアドバイスだけではなく、夫婦関係の修復についても行います。

 

私が夫婦関係の修復についての勉強や研修を受けているなかで、修復させる為に特に重要だと思うことがあります。

 

冷めきった夫婦関係を変えるには、相手次第だと思いがちですが、そうではありません。

 

相手の態度は重要でないのです。

 

「相手を変えようとするのではなく、まずは自分が変わる」

 

このことが一番大切なのです。

 

自分は何もせずに、ただ黙ってジッとしていても、あなたのパートナーの心は当然動きません。

 

ですので、まずは自分が変わらないといけないのです。

 

自分が変われば、相手も変えることが出来ます。

 

相手を変えることが出来れば、おのずと夫婦の距離感は縮まり、お互いにギクシャクしていた関係から仲睦まじい夫婦となれるのです。

 

そして「あのとき離婚の話が出ていたけど、今こんなに幸せだから本当にしなくて良かったよね!」

 

この様に、離婚話が嘘のように消えてなくなるのです。

 

 

自分を変えるには何をすればいい?

でも多くの方が、次の様な思いを持つでしょう。

 

「自分の何を変えるの?」

「どうすれば自分を変えることができるの?」

「自分を変えるなんて難しそう」

 

この様に、自分を変える為に何をどうすればいいかさっぱりだから、行動が出来ないのではないでしょうか。

 

それが学べるマニュアルがあります。

 

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

 

このマニュアルは、夫婦生活カウンセラーである高島歩さんと、言葉の専門家で人間関係アドバイザーの清崎比呂さんとの共著です。

 

二人は夫婦関係や人間関係のトラブルの多数の解決事例を持ち、様々なマスコミにも取り上げられています。

 

このマニュアルは「自分を変える方法」が分かることはもちろん。

 

様々な、夫婦関係のトラブルの乗り越え方について書かれています。

 

あなたが自分の状況に当て嵌めて、具体的に、

 

「どのようにすれば再び仲の良い夫婦になれるのか?」

「私の場合は?」

 

が、具体的に分かるように解説されています。

 

全て実際に効果抜群だった方法で、すぐに効果のある即効性の高い、実践的な方法を詰め込まれています。

 

 

夫婦間の溝がドンドン埋まっていく

夫婦関係を修復させる為の重要なことを網羅しているので、これがあれば、何十万とかかるカウンセリング等必要なくなります。

 

また、このマニュアルは発行されてから10年近く経ちます。

 

ですが、今でも夫婦関係の修復系のマニュアルの売行きランキングでベスト3以内に入る程、長年にわたり支持されています。

 

長年にわたり支持されているということは、夫婦仲が修復できたという口コミが多く、効果が高いことの現れです。

 

このマニュアルを実践し自分を変えることが出来たなら、夫婦間の溝をドンドン埋めていくことができるでしょう。

 

そして、つまらないことでも一緒に笑いあえる様な、仲睦まじい夫婦に戻れます。

 

つまり、一生涯お互いが最高のパートナーでいられるのです。

 

 

 

自分が変わることが出来ない=離婚です

今の冷え切った夫婦関係を変えるには、自分が変わるほかありません。

 

もし自分を変えることが出来なければ、夫婦の営みどころか会話すらまともに無い、仮面夫婦の状態が何年も続くことになります。

 

でも、ずっと仮面夫婦を続けることは無理がありますので、結局は離婚することになるのです。

 

離婚は結婚するときの7倍大変であると言われます。

 

離婚するまでに信頼関係を失った二人ですから、養育費や財産分与の話をまとめるのは困難を極めるでしょう。

 

たとえば、養育費一つを決めるにしても

 

「養育費の相場は4万円だから払ってもらいます」

 

「はぁ?相場だと?知った風なことを言うな!2万円しか払えねーよ!そもそもおまえが働いて稼げばいいだろう」

 

この様なやりとりを何度も何度も重ねなければなりません。

 

ですので正式に離婚できるまでには、多大なる苦痛や時間を費やすことになるのです。

 

また、離婚することに責任がない子供に一番迷惑が掛かりますし、離婚は子供にとって大きな心の傷を与えます。

 

心に傷を負った子供は、反抗期の度合いが人より激しかったり、不良に走ったり、登校拒否などを起こす恐れがあるのです。

 

そして、夫や妻と別れ一人になったあなたは、最終的にはひとり寂しい老後生活を送ることになります。

 

年をとり何の楽しみもなくボケていって、死んでから何日も経ってから発見される孤独死で人生を終えてしまう恐れがあるのです。

 

 

夫婦関係を修復させたいのなら

その様な一生を送らなためにも、とにかく「自分を変える」ことにチャレンジしてください。

 

自分を変えることで、新婚当初の様な幸せな日々に戻れます。

 

もちろん、このマニュアルを実践したからと言って100%全ての方が夫婦関係を修復できるわけではありません。

 

しかし、多くの夫婦が関係を修復できたのも事実です。

 

間違えなく言えることは、自分を変えようとしない限り、夫婦関係が改善する可能性はゼロに近いということです。

 

あなたも夫婦関係を修復させたいなら「自分を変える」という行動を必ず取ってくださいね。

 

それでは、あなたがラブラブな夫婦に戻れますように

 

 

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

 

 

 

 



スポンサーリンク


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る